和訳先渡し授業の経過報告(1)2006年05月13日 23:37

 先月お伝えしたとおり、今年度のReadingは「和訳先渡し方式」で行っています。すでに例の本をお読みになった方はご存じのことですが、「和訳先渡し方式」という命名は、授業の最大の特徴を端的に言い表しただけです。したがって、この方式の核心部分は和訳を先に渡すことによって、いちいち英文和訳を授業の中でやる必要がなくなるので、その分の余剰時間をいかに英語のinput(そしてintake)につなげられるかということにあります。つまり、その余剰時間に何を組み入れるかが、教師にとっての腕の見せ所になるわけです。

 そこであの本に書いてあった活動を取り入れながら、自分でもいくつか活動を考えながら、授業を進めています。そうすると、けっこうペアで行う活動が増えてきます。ときには授業がペア活動とChorus Readingだけのときもあります。最初にこの形式の授業を始めたときは「はたして高三にもなって、ペア活動をやるか」という疑問がありました。また、OCの授業でもないのに(つまり個々のOral Workが平常点に算入されるわけでもないのに)ペアでのOral Workに取り組むのか、という疑問もありました。

 しかし実際にやってみると、生徒たちは楽しそうにPair Workに参加していました。そして先週の授業では、むしろ生徒たちはIndividual WorkよりPair Workのほうが、やりやすいのではないかという光景を目にしました。

 それは本文の暗唱を目指して、制限時間付きの音読やShadowing等をやっている一連の活動の中で起きました。Read and Look Upをやるときに、最初のクラスでは、ペアにしてLook Upするときに相手の顔を見るという指示を出しました。しかし次のクラスでは、なにもペアにする必要はない(一人でやれば、ペアでやるときの半分の時間で終わる)と思い、各自でやるよう指示を出しました。ところがそれでやったのは数人に過ぎませんでした。それならばと思って、いつものペアでやるよう指示を出したら、ほぼ全員が取り組みました。

 高校の授業ではOC以外はあまりPair Workは取り入れないと思いますが、今回の体験から少し意識的にPair Workを取り入れてもいいかなと感じ始めています。

コメント

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aitc.asablo.jp/blog/2006/05/14/364223/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。