Reading Marathon (Tom)2006年02月01日 14:09

1)14日文の日記を二人一組で読む。最初に2日分をペアで分担して読む。
2)各自の読んだ内容を相手に口頭で伝える。
3)司会者が2日分の日記について出題する質問に答える。(答えるのは口頭で報告を受けた者のみとなる)
4)ペアの相手を代えて、次の2日分を同様に読む。

Tom: 話す力だけではなく、読む力もつけたかった。私はこの記事とそこに使われている表現が好だ。記事はインターネット上にもある。進め方についてKayが助言してくれた。

Eileen: 時間配分が絶妙だった。

Andy: 最初はつまらないかと思ったが、自分自身次第に読み方がよくなって楽しかった。

Atushi: 読めば読むほど読みやすくなった。

コメント

_ Tomoki ― 2006年02月22日 08:46

今回のセッションに限らないが、最近のTomのセッションは、かなりレベルが高いと思う。このセッションは参加者に大量に英文を読むことを課すが、それがそれほど苦にならないように進行方法が工夫されている。また、今回のアフレコや前回のアフレコもなかなか機材等を駆使してよくできていた。
 この傾向に気づいたのは以前数種類の映画のアフレコを一気にやった時からだった。事前に用意されたbookletと分刻みのスケジュールが決まっていて、見事にその流れに乗せられて最後まで行ったのを覚えている。昔からTomのセッションは小道具やお膳立てに凝っていたのだが、最近は内容的にも格段に上がったと確信している。おそらく現在の勤務校での経験が生かされているのは間違いあるまい。これからもどんなセッションが登場するのか、大いに期待が高まる。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aitc.asablo.jp/blog/2006/02/01/234924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。